スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストリップに行った話。


広告表示させたくないがために、
ツイートのまとめを自動的に投稿する設定にしたんですが、
垂れ流しもいいとこだから消しました。まる。

さて、ストリップ行って来た話します。

店:新宿DX歌舞伎町
料金:3000円(学割料金)+1000円(ポラロイド二枚)
時間:17:30~20:30。一回の講演が三時間ほど。入れ替えはない。10:30の開場以降いつ出入りしてもOK。
受付:発券機がある。学割の場合は受付の人に学生証を見せ、発券する。
女性:計六人。

内容
この店にした理由は、
「パイパン大会」なるものがやっていたから。
他の店舗ではそういったイベントがなかったため、せっかくだからと。

実際六人全員パイパンだった。
大陰唇小陰唇の大きい人、スジの長い人、クリトリスの大きい人、
本当に女性の性器も人それぞれなんだなっていう風に思いました。
一度にこんなに大勢の女性の裸体を見ることってないよね。
乱交パーティ誰か開いてくれねえかな。

閑話休題。
舞台の形状は「ストリップ 舞台」で画像検索したものと変わらない。
客層は50代の男性がほとんど。女性はいなかった。
男が30人ほど。二列ある席に座ってみる人、立ち見で見る人、それぞれ。

ショーの流れとしては、計5曲ほど。
ジャンルはさまざま。アニソンの人もいれば、クラシック系、洋楽、J-POP
ただ、おおまかな流れはあった。
1曲目、2曲目は激しい。3、4、5曲目は大人しい曲。
1曲目は和服やゴロロリチックな洋服、様々な服を着ている。激しいダンス。
2曲目、装飾品を外していく。こちらも激しい。
3曲目、下着姿になる。落ち着いた曲に転向する。だいたい前の方の円状の部分に来る。
4曲目、全裸。足を広げたり、性交を思わせるような官能的な動きになる。
ここで一旦ポラロイドを撮る時間になる。
ポラロイドはまた別の衣装。
衣装を着たまま撮ることもできるし、
衣装を脱ぐときはパンツ一枚まで可能。
最初に衣服のままでのポラロイドを撮る人が列をなし、
その列が掃け終わったら、パン一の写真。みたいな流れ。
その後、一旦舞台裏に戻る。
5曲目、また別の衣装。エンディングみたいな?明るい曲ですごく官能的に動く。


感想は、すごく楽しかった。
僕は3,4曲目女性の裸体を見て号泣した(笑)
美しく、切なく、絶妙にエロい。感動のそれに近かった。
AVに欠けてるエロさってこういうことだなと思った。
AVだと身体は交わってても、恋愛感情はないわけじゃん。

だけど、ストリップは違った。
その演じている女性が想っている男性がどことなく見える。
ほんとにその女性の好きでたまらない男性と交わり、
心も身体も捧げる献身的で官能的な姿?涙なしでは見れなかった。

あとは、AVだと視線が交わりようがないんだけど、
演ずる女性と目が合ったときに最高にドキドキした。

最後に、劇中で一番好みだった女性のポラロイドを撮った。
パン一が一枚、もう一枚はツーショット撮ってもらった
んで、普通にピースみたいな感じで撮るのかなーってピースしてたら、
女性の方からガバってきてくれたんだけど、
すげえ腰が引けて笑い方もすげえ引きつった(爆笑)のがもう一枚。


エロく、切なさも感じる。
夢のねずみの国より異世界感に浸れる。
アンダーグラウンド感だけどね。

ぜひまた行きたい。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。